つらい痛風には、アンセリン配合のサプリメントが吉!

痛風は“風が吹いても痛い”と言われるほどの激痛を伴う病気で、アルコールやたんぱく質の多い食事などを大量に摂取したときに起こりやすいことから、かつては中高年の男性に多く見られ、中高年特有の病気ともとらえられていた。

しかし、食生活の欧米化などの影響からか、近年は若年層や女性にも痛風患者が増加し、国内の痛風患者はおよそ50万人。痛風の症状としては、足の親指などの関節痛が多いが、心臓病や腎臓病などの合併症を引き起こすこともあり、早期に治療することが肝心とされている。

痛風の治療は、生活改善と医科領域によるものが中心だが、そうした痛風治療のサポートや痛風の予防的利用ににわかに注目を浴びてきたのが、<アンセリン>という素材。

アンセリンに、尿酸値を下げるはたらき(痛風予防効果)のあることが発見され、痛風の予防や改善にフォーカスしたサプリメントとして、アンセリンhttp://www.studio-dakota.nl/を含有するサプリメントが注目を集め始めた。サプリメントなので副作用などの心配もなく、医薬品より手軽に摂取できることもポイントとなっている。

 

現代人は飽食のため痛風になりやすい

痛風は誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?贅沢病と呼ばれ、暴飲暴食をしたり偏った食事を摂り続けるとなりますね。足の親指がボコっとコブのように腫れ上がったりしますし、そうなってしまうと歩くのにも障害がでます。

痛風は専門的な言葉で言うと高尿酸血症と言われ、採血などの血液データでは尿酸という項目が高くなります。また、先ほども書きましたが、暴飲暴食をするとなる病気であるため高血圧を合併していることも少なくなく、高血圧や尿酸値が高い食生活を送っていると将来的に重大な病気を引き起こす原因になりえます。

いつまでも健康でいつづけるためにも食生活をはじめとした生活習慣を見直してバランスを意識した食事を心がけましょう。運動習慣がない、運動不足を感じているのであれば軽いウォーキングなどからはじめてみましょう。

尿酸値は内服薬で下げることは可能ですが根本的にはきちんと生活の是正を行うことが重要になります。

 

痛風の原因と予防方法

尿酸値が高い人に注意して欲しい病気が痛風と言えます。痛風とは風があたっても痛いことからこの名がついていて、それだけにかなりの痛みを感じます。原因は関節内に尿酸塩結晶と言われる物質が出来ることで発生する関節炎でその背景には過食、飲酒、肥満、ストレスにより血中尿酸濃度が上がり尿酸の結晶化しやすい状態になる事があります。

それが遺伝ではなく生活習慣の一種と言われる理由ですが、遺伝子的に太りやすい体質な人というのも存在します。またストレスの耐性も人により大きく異なるので痛風になりやすい人がいる一方で不規則な生活習慣や食生活をしていても痛風にならない人もいます。

ですが病気になってしまうと治療するのは大変ですし、痛風は強い痛みを感じるので生活習慣と食生活を見直して予防をするのが最善ということが出来ます。また痛風だけではなく生活習慣病は非常に多岐に渡っているので30代を超えたら健康を意識した生活を送りましょう。