悪玉コレステロールを撃退するビフィズス菌B-3の効果とは?

メタボな体型のヒトが気になるのがコレステロールです。コレステロールは、動脈硬化の原因ともいわれ、血管の隙間に入り込み、血栓を作り出します。

この血栓が重要な臓器の細い血管を詰まらせると、脳溢血や脳梗塞などの深刻な疾病につながるのです。このコレステロールを減らすのに、ビフィズス菌は有効な働きを発揮します。特にビフィズス菌B-3(ビースリー)の働きが顕著です。

ビフィズス菌B-3はヒトの体内から発見されたヒト由来のビフィズス菌です。人間の体内には善玉悪玉を含めて100兆もの細菌が存在しています。その中にあって、ビフィズス菌B-3は、肥満防止と動脈硬化改善の効果があるのです。

摂取することで、コレステロールによって異常が見られた血管部分が正常にもどり、動脈硬化予防に重要な働きをする善玉コレステロールの増加が見られました。病院の院長をはじめ、内科のドクターも、コレステロール減少の為にビフィズス菌の摂取を推奨するのは、高い効果が期待できるからです。

 

腸内環境を変えるためのライフスタイル

腸内環境を良くするためには、ヘルスケアに気を使ってみるとよいです。腸内環境が悪い人は、体内の免疫機能も下がっている状態です。免疫細胞が上手く働かなくなると、だるさを感じやすくなったり、様々な病気に罹患しやすくなってしまいます。

健康な体でいたい人は、ライフスタイルに気を使ってみるとよいです。基本的に、腸内の環境を良くしたい人は乳酸菌を摂取すれば、健康上の悩みも解消しやすくなります。乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やす効果があり、便秘やだるさの解消に効果的になってきます。ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれているので、毎日の習慣として食べてみるとよいです。

サプリを使うのもいいです。あまりにも多くの乳酸菌サプリがありますがそれらは腸内環境サプリを比較ランキングで判断できます。1粒に◯◯億個、とか生きたまま腸に届くなど効率良く乳酸菌を取れるのがサプリのメリットです。

また、食生活を変えるだけではなく、運動を行うことで免疫細胞を活性化できます。体を動かすことは健康に効果的ですが、免疫機能を正常化する際にも役立ってきます。毎日できる範囲で歩いたり、スポーツジムに通って運動を行う習慣を身に着けてみると効果を感じることができます。